Blog&column
ブログ・コラム

屋根が色褪せる原因と対処法について

query_builder 2022/07/22
コラム
20

「屋根が色褪せているけれど、放っておいても大丈夫なのだろうか」と思っていませんか。
色褪せているだけであれば、対応しなくてもいいだろうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は、屋根が色褪せる原因と対処法についてご紹介します。

▼色褪せの原因
▼経年劣化
■紫外線
屋根は、紫外線が当たることで色が浮いて色褪せてきます。

■カビ・コケ
防水効果が薄れてしまうとカビやコケが生えてきます。

■サビ
金属の部材が変色しているときは、さびている場合があります。

▼施工不良
施工してから数年で色褪せてきた場合は、施工不良の可能性があります。

■塗料の不具合
塗料は、扱い方を間違えると色褪せの原因になります。
屋根材に合ってない塗料を使っていたり、塗料をあまり混ぜていなかったりするのが原因です。
他にも、乾燥時間を守っていなかったり、雨天時に塗装したりすると施工不良になってしまいます。

■縁切りの施工不良
スレート屋根の施工では、塗料ですきまが埋まり、雨水が溜まってしまうことがあります。
雨水がたまらないように、縁切りという作業を行います。
屋根材が重なる部分に、カッターなどですきまを作る施工です。
他にも、タスペーサーという部材を差し込む方法もあります。

▼色褪せは放っておいていいの?
色褪せは、見た目が劣化しているだけでなく、機能面でも劣化しているサインです。
屋根材の色褪せがある場合は、修繕が必要かどうか業者に点検を依頼しましょう。

▼まとめ
屋根が色褪せる原因には、経年劣化や施工不良があります。
見た目だけの劣化にとどまらず、機能面も劣化している場合があるので点検を依頼しましょう。
株式会社肥後美装では、お客様のご要望に合わせた選択肢をご提案いたします。

NEW

  • 熊本でお風呂をリフォームしてユニットバスに入れ替えませんか?

    query_builder 2022/08/02
  • 外壁塗装の色選びについて

    query_builder 2022/12/01
  • 外壁塗装に適したタイミングとは?

    query_builder 2022/11/15
  • 外壁リフォームにはどのような種類があるの?

    query_builder 2022/11/01
  • 外壁コーキングに必要な費用の相場はどのくらい?

    query_builder 2022/10/22

CATEGORY

ARCHIVE