Blog&column
ブログ・コラム

外壁コーキングの耐用年数はどのくらい?

query_builder 2022/09/22
コラム
28

外壁コーキングの耐用年数はどのくらいなのでしょうか。
身近な場所にあるものですが、「耐用年数を知らない」という方も多いものですよね。
本記事では外壁コーキングの耐用年数について分かりやすく紹介します。

▼外壁コーキングの耐用年数はどのくらい?
外壁の隙間を埋めるために使われているのが外壁コーキングです。
外壁コーキングの耐用年数は、一般的には5~10年が目安になります。

比較的耐用年数が短いのは、コーキング剤がゴム状で、年月とともに固くなるからです。
また外壁は紫外線や風雨に晒され続けるものであるため、場所によっては劣化のスピードが早い傾向にあります。
5年を過ぎたら劣化の可能性を考えて定期的に点検を行いましょう。

■外壁コーキングが劣化した状態とは?
年月が過ぎて劣化したコーキング剤には、以下のような症状が出ます。

・肉痩せ
・ひび割れ
・裂け

また劣化が進むと外壁とコーキング剤のあいだにある隙間が広がります。
外壁コーキングが劣化していると思われる状態なら、早めに専門の業者相談してくださいね。

▼まとめ
外壁の隙間を埋めるために使われているのが外壁コーキングで、基本的に寿命は5~10年です。
建物全体の劣化を防ぐためにも、5年を過ぎたら定期的に外壁コーキングの点検を行いましょう。
劣化した外壁コーキングには、肉痩せ・ひび割れ・裂けなどの症状が現れます。
もし劣化が考えられる症状が見つかったら、早めに専門の業者に対処を依頼してくださいね。

NEW

  • 熊本でお風呂をリフォームしてユニットバスに入れ替えませんか?

    query_builder 2022/08/02
  • 外壁の重ね張りとは一体どのようなもの?

    query_builder 2022/10/01
  • 外壁コーキングの耐用年数はどのくらい?

    query_builder 2022/09/22
  • 屋根塗装で使用する塗料の種類について

    query_builder 2022/09/15
  • 屋根塗装に適した時期とは?

    query_builder 2022/09/08

CATEGORY

ARCHIVE